ご当地にとりちゃんPのトップページに書かれてある通り、第1弾は青森県のご当地にとりちゃんです!!同企画のメインキャラである河城にとりのイメージカラーが青であることや青森の"青"にちなんで青森県にしました!

立ち絵は毎年夏に開催される青森ねぶたの衣装を纏ったにとりちゃんです!

衣装は男女共に浴衣やおこしを着用、加えてたすきや帯、しごきを巻き、履物は足袋(たび)&草履が一般的です。また、衣装には鈴を取り付けるほか、立ち絵では描写されてませんが花笠という被り物もあります。

これらを正装とし、ハネト(ねぶたの踊り手)として参加する場合は上記のものを必ず着用/身に着けることが必須となっています。

そんな青森ねぶたですが、地元はもちろん、東北のみならず日本を代表する祭りの一つであり、東北三大祭りの1つ(他2つは秋田県の秋田竿燈まつり、宮城県の仙台七夕まつり)として毎年テレビの特集などで紹介されています。また1980年には国が民俗文化財で特に重要なものを指定する「重要無形民俗文化財」に指定されるなど非常に有名です。

歴史ある祭りでもありますが、中国から伝わり現在も年中行事として毎年7月に行われる七夕と、津軽で行われていた習俗などの行事が一体化し始まったことが起源とされています。

 

メインであるねぶたの迫力さは特にインパクトな存在で、ねぶたは「ねぶた師」と呼ばれる製作者によって作られています。ねぶた師という名前は昭和時代から次第に呼ばれるようになったそうです。

非常に有名な祭りなので、一生に一度は訪れてみるといいかもしれませんね。

wikipedia、四季の美より引用

背景はFrestocks(フリストックス)様よりお借りさせていただきました。

ねぶたに関しての詳細はこちら​。

​​※2020年の開催は新型コロナウイルスの影響で中止が決まっています。

ご当地にとりちゃんP 戻る.png

Opening 2017.12/19

Update 2020.06/27

イラスト©たもと,黄猫瀬蘭,マメハル,kotomi,佐倉ツバメ,とらた

原作©上海アリス幻樂団

​掲載物の転載を固く禁じます。